Red Dead Redemption 2【発売日2018年10月26日】

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2 攻略
世界中で累計2億本以上も売り上げを伸ばす、人気ゲームを作るロックスターゲームスですが、来月の10月26日には待望のRed Dead Redemption 2(レッドデッドリデンプション2)が発売されるので、皆固唾を飲んで待ち遠しい思いをしているようです。ロックスターゲームスはオープンワールドゲームに特化したようなメーカーと化している感じだな。

ハードはPS4とXbox Oneで発売されます。PC版はまだ発表されていないですが、これまでの流れですとおそらくはいずれ発売される流れになるのかと思われます。予約特典なんかはオフライン向けだったり、オンラインマルチプレイで遊びたい人向けに、スペシャルエディションやアルティメットエディションなども用意されているようでした。その他デジタル版の特典もあるようで、そこは自分のお好みに合わせて購入するのが目的となります。

Red Dead Redemption 2のストーリーは、主人公のアーサー・モーガンがいるダッチギャングたちが終われている状況なのだとか。彼らは悪といったアウトローの生き方をしているので、賞金首だったり警官だったりといろんな人々から狙われている存在にある。ダッチといえばギャング団のボスであるが、前作ではジョン・マーストンに追い詰められて自害したキャラクターです。

ですので今作は前作よりも10年前とか過去時代を舞台にした西部劇といったゲーム内容です。ゲームハードもPS3からPS4へと移り変わったことで、画質やらCPUが向上してハイクオリティーな作りが実現しているのが特徴的です。その中でオープンワールドで自由にミッションを攻略したり、オンラインプレイで複数のユーザーと遊んでみたりと、自由度の高さは相変わらずのようです。

≫Red Dead Redemption 2【発売日2018年10月26日】の続きを読む

DLCのFF15ロイヤルについて

2018年3月6日にFF15ロイヤルが発売された。
それはDLC販売によるロイヤルパックや、パッケージ版であるロイヤルエディションがある。略してFF15ロイヤルについて紹介してます。

FF15ロイヤルでプレイできること
●最終バトルエリアとなる王都インソムニアのマップが拡張された。もともと王都インソムニアには存在してましたが、さらに移動できる面積が増えたことで、より街らしい姿になったといえる。そこに新たなメインクエストを設けたりもしており、ボスクラスの強敵が配置されたということになります。

●FF15ロイヤルの操作方法で新しくなった部分は、ファーストパーソンモード(FPS)視点で、遊べるようになったことです。主観モードにすることで、よりFF15の世界観をどっぷりと浸れることはありますが、バトルにおいては酔うし、遊びにくいといった印象があってFPS機能は良いとは思えませんでした。L3+R3を同時に押すことで切り替えできるようになります。


●新しい乗り物としてクルーザーが用意され、海で魚釣りができるようになりました。クルーザーは本編でオルティシエへ向かう際にクルーザーで行ったかと思いますが、そのクルーザーを今度はユーザーが運転することができるというものです。海域は決まっているので、すべてが自由に航海できるといったものではありませんが、そこそこの広さの海域をクルーザーで移動することができます。

クルーザー上では海釣りをすることも可能で、新しい魚は四種類が追加されました。一匹だけマグロを釣ることでイグニスの新しい料理を閃くレシピなどもあった。それこそ新しい要素といったものは無いが、釣りを改めてコンプリートしたい人向けの要素でしょうか。さらには巨大なクジラのビスマルクのサブクエストなども追加されていた。

≫DLCのFF15ロイヤルについての続きを読む

セガの北斗が如くの感想(PS4)

3月8日にはセガの北斗が如くが発売されます。人気漫画の北斗の拳と龍が如くシリーズを
コラボした作品だとかで、原哲夫氏の監修のもとに作っていったらしい。
とはいえ、漫画の北斗の拳が人気だったのはいつ頃だったろうか?
アニメでもだいぶ流行った記憶があるが、今風だと花の慶次やら蒼天が人気なのかな?

北斗が如くがすでに体験版なども配信されているので、少しではありますが歓楽街のエデンや、
バギーで荒野で走行したりと軽い遊びくらいならプレイできます。
ケンシロウは意外と身長が高いと感じたが、悪党どもはさらに巨体な敵もおり、
見た目が凶悪なやつもいる。ストーリー戦ではサザンクロスでシンとのバトルも体験できた。
北斗が如く 攻略

北斗の拳のストーリーは、1999X念の最終戦争だから、とくに何もない荒野が広がり、
人々は飢えに苦しんでいるような状況化です。そこにエデンという水や電気に恵まれた所があり、
人々は寄せ集まるかのようにやって来るそうで、ケンシロウの場合はユリアを捜すために
エデンにやって来たのだとか。一応は北斗の拳の原作をよく知らなくても、
オリジナルストーリーで作られているので安心らしい。

北斗が如くのバトル要素的なものは、龍が如くのようにコンボを基軸とし、ケンシロウが
秘孔を突いたり、奥義を繰り出してみたりと独特のバトル展開になっている。
奥義はQTE寄りになっているのが気になるが、基本的にボタンを押すことが多いような。
ジャスト秘孔で攻撃すれば、ひでぶと書かれた文字を武器に攻撃できるので、
まぁ北斗が如くならではの遊びも入れたとこもありますね。

≫セガの北斗が如くの感想(PS4)の続きを読む

FF15のPC版とロイヤルエディションが2018年3月6日に発売決定!

FF15といえば発売してからずいぶんと日数が経過するものでございますが、
600万本以上ソフトを出荷したそうで、スクウェア・エニックスでは
結構な売上になったのでしょうか。そうはいっても製作に10年以上経ったので
全ての経費を含めると会社利益はどのくらいに収まるのでしょうか?

さて、少し前にはFF15のPC版にあたるWINDOWS EDITIONなどが発表されてました。
GPUのNVIDAとの協力を得た仕様らしく、高画質のFF15を楽しめるようになっている。
草やガルラの毛皮など細かい部分までが綿密にポリゴンで表現されているので、
グラフィックではこれ以上にない作りといえます。

ましてやオープンワールドゲームなので、こういった処理はだいぶ負担をかけるもの。
それに関わらずPCでは実現できるようで、GPUの進化とは目覚ましい発展だ。
ルミナススタジオ・プロによる最適化も組み合わさり、実現に行ったコラボ技術だろうか。
4K出力とは今の最先端に合わせた仕様ですね。

≫FF15のPC版とロイヤルエディションが2018年3月6日に発売決定!の続きを読む

オープンワールドのゲームやGTA5のゲームを遊んだ感想

去年ぐらいからRDR2を発表していたが、ロックスターのゲームが日本でも
受け入れられるようになったきたのはいつの頃だろうか。
GTA4の頃まであくまでそこそこ売れただけの売上でしたが、
GTA5の時代になってくるとその売上はケタが一つ違うほどに日本では売れた。
それはオープンワールドへの認知が日本でも広まったにほかならないかもしれない。

GTA5で特徴的なのは広いオープンワールドに、いろいろなNPCがおり、また自然が広がり、
水辺なども存在し、広い土地に街や建物などがある。
そして駐車されている車やバイクを勝手に乗り回したりできるのも特徴だと言える。
自分で遊び方を見つければ、ずっと遊んでいられるので気長に遊べるゲームです。

GTA5の場合はストーリーミッションの他にサブミッションが用意されている。
またオンライン通信で遊ぶこともできるので、何かとやることが多い。
グラセフ5が日本で発売されたのは2013年の頃だが、今ではPS4やPC版も発売されて
長くロングセラーを築けているが、海外シェアによる販売なのでDLCだけでも
売上は億ドル単位で売れ続けているので、ロックスターからしてみれば成功したといえよう。

≫オープンワールドのゲームやGTA5のゲームを遊んだ感想の続きを読む

サイコブレイク2

去年にはタンゴ・ゲームワークスが開発したサイコブレイク2がセールスされた。
サバイバルホラーとは20年前にはバイオハザードで飛ぶように売れたジャンルだったが、
今では時代が少し違うところがあるためか、あまり売れ行きは伸びなかった。

ゲームそのものがつまらないということでもなく、Z指定のゲームということもあり、
なかなか宣伝に露出させる効果が薄いのも売上に繋がらなかった理由と言えそうだ。
そこにゲーム実況などを含めて販売したところで、当然売上に繋がるどころか、
ゲームを購入しないで、動画だけを見て済ます層が増えてしまった印象も感じるところがある。


それと一作目で結構荒れてしまったところがあるので、ユーザーからは反感を買ってしまった
というところがあるのかもしれませんね。
サバイバルホラー=難しいゲームというのがイメージとして付いてしまったのかもしれない。
ですがサイコブレイク2に関してはそこまで難しいというイメージはなく、
結構弾丸なども余るため、節約してやりくりする部分がだいぶ減って遊びやすくはなった。

そもそも前作を知らないの購入を見送るユーザーも多かったのかなというとこもあるのかな。
主人公は同じセバスチャンだったし、やはり今の世代は続編=内容が分からないから
買わないという流れが出来上がってしまうようなので、ゲームを売るのも大変そうだ。
そしてまた悪夢のSTEMの世界へ行くのだから序盤でおいてけぼりのイメージが付くのかな。

≫サイコブレイク2の続きを読む

ダンボール工作のニンテンドーラボは果たして売れるのか?

少し前に発表された任天堂のニンテンドーラボが気になりますね。
工作+ゲームを組み合わせた遊びを提供した部分は実に任天堂らしく、
新しい遊びの一角になっていくのかなと可能性を感じさせるものも若干ある。
任天堂の株価も少し上がったそうで、何かしらの可能性を感じた人もいるのだろうか?
■公式:https://www.nintendo.co.jp/labo/index.html

バラエティ・キットとロボット・キットを発表していたが、消費税を含めると
7000~8000円近く値段になってしまうのかぁ。
さらにニンテンドースイッチも必要になってくるので、子供のお小遣いでは買えず、
親の協力がないと購入できそうにないですね。またデコるセットもそこそこの値段だ。

まだどんなゲーム内容になるのかは更新されてはないが、
こういったものは好評であればどんどんシリーズ化していくものと予想されます。
もっともサードが付きにくいジャンルですので、長続きするものかどうかも怪しい。
ただ原価のやすそうな段ボールといった部分がミソなのでしょう。

≫ダンボール工作のニンテンドーラボは果たして売れるのか?の続きを読む

【PS4】マイキャラに成長要素を持たせたNewみんなのゴルフ

みんなのゴルフシリーズで初のPS4タイトルとなるPS4:Newみんなのゴルフは、
今作で20周年を迎えるのだという。全世界で累計1400万本を売り上げたというのだから、
かなりメジャーなタイトルでした。ただ最近はゲームの売り上げが低迷してきたので
50万本すら超えるのが難しい状況といった感じです。

今作は新規ユーザーが入りにくい点をリセットしたことで、ナンバリングではなくNewとして
新しくシリーズを開始させたのがタイトル付けのポイントのようです。
Newみんなのゴルフの舞台は人工島となるみんGOLアイランド。
スズキが作った夢のゴルファーの島で、タフったときに油田を掘り当てて作ったのだという。

今作は9ホールが一体型のオープンコースということもあり、何かと広いゴルフ場で
腕を競ったりシングルプレイを楽しんだりできるのが特徴です。
最大50人との共存型のオンラインコースでは、コミュニケーションを楽しんだりできるそうで、
遊びの要素が深くなっているのがオンラインの醍醐味といったところでしょうか。

≫【PS4】マイキャラに成長要素を持たせたNewみんなのゴルフの続きを読む

ゲームソフト攻略
最新のDSゲームソフト記事
全記事表示リンク

全てのゲーム攻略記事を表示

RSS