ファイナルファンタジー15

スクエニといえばファイナルファンタジーやドラクエなどが主流であるが、
ファイナルファンタジー15(FF15)は派生ソフトがだいぶ増えて最近はなんだか
よく分からないほど増えました。
ナンバリングに至ってはFF15がもっとも現時点では新しく、
ゲーム自体は発売されていないけど、FF零式HDには体験版は付属されてました。

それでダウンロードコードからDLしてFF15をプレイすることができる仕様です。
内容はダスカ地方というエリアを散策しながら、壊れた車を治すという
短編ストーリー仕立ての内容をプレイすることができる。
攻略するまで小一時間遊べばクリアできるボリュームですが、
FF15の世界観や操作感覚ぐらいは楽しめる内容にはなっている。
FF15 攻略

物語はメインクエストとサブクエストとでわかれているので、
どちらから進めてもいいような感じのRPGだった。
といっても基本はアクションゲームなので、自分で操作すことが基本になってます。
広いフィールドで自由にノクティスを動かして、目的地へ向かわせてイベントを見る流れですので、
基本的に移動している時間の方が長く感じるかもしれない。

フィールドには野生のモンスターが配置され、所々でキャンプを貼れるポイントが存在する。
北と南には拠点と呼ばれる、いわば軽い街のようなものが置かれていて
そこでは買い物や宿泊することができる。
キャンプに関しては宿泊のみできる仕様で、料理効果によってステータスがアップする効果があります。

フィールドの仕様といえば大体そんなもんで、朝や夜になる天候が変化するシステムもある。
40分ぐらいで切り替わるが、夜は凶悪な敵が徘徊するので宿泊して朝にすればいい感じだった。
入れる洞窟は一箇所だけあって、最奥ではラムウという召喚獣を入手することができた。
それで体験版のボスのベヒーモスを討伐するような流れでした。

体験版ではレベル99まで上げることができるので、ラムウ無しでやり込んでみたり、
マップみながらサブクエストをコンプリートするぐらいかな。
タイタンがいるエリアまではまだ入れない仕様でしたが、ノクトらの会話を聞くと
車を修理したのちにタイタンの所へ向かうストーリーのようでした。

それほど距離が離れていないなら直接行けよwとすら思ったが、
物語ではあくまで賞金を稼いで高級車を直してタイタンの元へ向かう流れなのでだろう。
一応シドニーなんかも登場するが、イグニスの会話の内容からすると
シドとは一度会っているのだろうか?
グラディオラスはシドニーに対して気が合うような素振りを見せていた。


全体的にどこかしら既存のファイナルファンタジーらしさを感じさせつつも、
FF15のアクションゲームを作り出しているという感覚が少しあった。
いつFF15が発売されるものなのか不明ですが、国産ゲームソフトの中では相当の気合の入れよう。

最近はオープンワールド化したゲームが多くなってきましたが、
国産ではほとんど少ないジャンルのゲームなのでFF15が国内ではオープンワールドのゲームとして
一角になるんだろうなと思えるほどのフィールドの広さに驚いた。
チョコボで駆け巡ったり、高級車で長々と移動できるシステムかと思うと
冒険らしさが味わえるゲームかもね。
ゲームソフト攻略
最新のDSゲームソフト記事
全記事表示リンク

全てのゲーム攻略記事を表示

RSS