Watch Dogs(ウォッチドッグス)

ゲームはシカゴを舞台にしたオープンワールドで、近未来さを感じるが
どことなく現代社会に近い雰囲気を感じる所です。
Watch Dogs(ウォッチドッグス)はUbiソフトというメーカーにより発売されている。
Ubiジャパンなどもあるが、基本的に海外メーカーです。

主人公はエイデン・ピアースという帽子を被り、鼻の所までスカーフを上げた
どことなく怪しさを感じる男の風貌をした男性です。
エイデンはスマートフォンのアプリの機能を活かしてctOSという
シカゴの街並みをインフラ接続で制御しているシステムへアクセスすることができる。
それを武器に戦う物語であります。

エイデンは姪のレナが殺されてしまったので、正義のために今までやってきた
ハッキング商売から足を洗って、復讐のために立ち上がったダークヒーロー。
仲間はクララ・リリー、Tボーン、ジョルディ・チンなどがサポートしてくれるようで、
ハック作業や銃などによる武器、そして移動手段の車両なども万全だ。

ウォッチドッグスとは番犬を意味している。
評判の上げ下げをするシステムなども導入され、リアルさながらのシカゴと
一般市民によるエイデンの評価で反応がちょっと変わるようにできている。
またデジタルトリップというミニゲームなども用意されており、
数の方は定かではないが、クモのロボットを操作して街や車を破壊したり
サイボーグになった市民を倒すDLCのシーズンパスなどもある。
Watch Dogs(ウォッチドッグス) 攻略

エイデンのハッキングは、監視カメラから別の監視カメラへハッキングして
高いところに仕掛けられているカメラから下界を見下ろすようにアクセスしたり、
ATMをハックして現金を引き落としたりできるので、とにかく自由度が高くなる。
また止まっている車などもハックして乗ることができるので、とにかくやれることが多く凄い。

マルチプレイでは1vs1で争うオンラインハッキングコントラクト、
最大8人で遊べるチームゲームのオンライン解読、
タブレットと連動して遊べるctOSモバイルチャレンジなどがあり、他にもレースなどもある。
オンラインではシングルプレイとシームレスに繋がっているので、
常に他のプレイヤーが自分のワールドに入って来る状況が起こりうるのが特徴です。

Watch Dogsはps3/ps4、Xbox360/Xbox One、WiiU、pcなど幅広く販売されるので
自分の所持しているハードにあった購入が選べるのもありがたい。
ただし日本ではWiiUなどは発売日が遅れるので、そこのところは注意したい。
またプレステ独自の特典や初回で貰える特典なども用意されている。
なるべく早めに予約して少しでもウォッチドッグスの世界観に浸りたいものだ。
ゲームソフト攻略
最新のDSゲームソフト記事
全記事表示リンク

全てのゲーム攻略記事を表示

RSS